マウスモノクローナル抗体作製
抗原サンプルをご用意していただくだけで免疫感作からハイブリドーマ樹立まで弊社にて作業を行います。
  • 見積り・お問合せはこちらのファイル(WORDファイル)をダウンロードし必要事項をご入力しinfo#hokudo.co.jpに添付ファイルで送信願います。
  • ご不明な点がございましたら遠慮なくお尋ねください。
ハイブリドーマ作製工程は以下の3つの項目から構成されています。
項目 内容 標準期間 備考
ステップ1
(免疫)
マウス(BALB/C)4匹を用いて免疫感作を行い、ELISA法による抗体価測定を行ないます。免疫したマウス4匹のうち、抗体価の優れた1匹を細胞融合に使用します。 8週間〜 抗体価が上昇しなかった場合は160,000円となります。
ステップ2
(細胞融合〜
スクリーニング)

ミエローマ細胞株(SP2)と脾臓B細胞とをPEG法による細胞融合を行ないます。HAT培地によるスクリーニング行ない、陽性ハイブリドーマ(最大20株)を選択します。第1回目の細胞融合で陽性ハイブリドーマが認められない場合に限り、第2回目の細胞融合、スクリーニングを行ないます。 3週間〜 スクリーニング時に陽性ハイブリドーマが認められなかった場合は600,000円となります。
ステップ3
(クローニング〜クローン樹立)
最大5株の陽性ハイブリドーマを用いて限界希釈法によるクローニングを行ないます。クローン化したハイブリドーマ株の内1クローンを用いてマウス(BALB/C)5匹の腹水採取を行ないます。1クローンあたり2本の凍結保存細胞を作製し納品いたします。
12週間〜


標準価格表(価格は2014年6月10日現在のものです。また、価格に消費税は含んでおりません。)
項目 基本料金 納期 備考
ハイブリドーマ作製
(全工程)
1,200,000円 6ヶ月〜
作製時におけるオプション項目 基本料金 納期 備考
腹水採取 BALB/C
(2クローン目より)
8,000円/匹 4週間〜 3匹以上の場合の価格です(2匹以下の場合には別途お見積致します)。腹水採取量は2〜5ml。
追加クローニング 120,000円/株 9週間〜 最大5株まで。
ハイブリドーマ凍結保存 10,000円/本 - 1本あたり1ml。

腹水採取量は、個体によって増減します。樹立したハイブリドーマ株は性質的にすべて異なるクローンとは限りませんので予めご了承ください

お手持ちのハイブリドーマ株をお送りいただけるだけで、弊社にて細胞培養し、マウスに細胞投与および腹水採取をおこないます。

項目 基本料金 納期 備考
腹水採取 BALB/C 8,000円/匹 4週間〜 3匹以上の場合の価格です(2匹以下の場合には別途お見積致します)。腹水採取量は2〜5ml。
ヌードマウス
(BALB/C nu/nu)
12,000円/匹


ラット腸骨リンパ節法
腸骨リンパ節法によるモノクローナル抗体作製はマウス脾臓B細胞を用いる方法と比べ短期間(約3ヶ月)でクローン株を納品することができます。詳しくはこちらです。
Copyright (C)2007 Hokudo Co.,Ltd
All Rights Reserved.