株式会社ホクドー

お電話でのお問い合わせ :011-641-7507

会社概要

会 社 概 要

商 号 株式会社 ホクドー Hokudo Co.,Ltd
創 業 1971(昭和46)年4月1日
設 立 1974(昭和49)年8月6日
1989(昭和64)年1月5日社名変更
(旧社名 株式会社北海道実験動物センター)
代表者 代表取締役社長 永井 雅晴
所在地 ●本 社(地図
〒063-0849
札幌市西区八軒9条西10丁目4番28号
TEL:011(641)7507
FAX:011(644)9209

●洞爺ラボ(地図
〒049-5613
北海道虻田郡洞爺湖町清水245番4
TEL:0142(83)3748
FAX:0142(83)3982
資本金 7,500万円
従業員 50名(平成30年4月1日現在)
主取引銀行 北海道銀行八軒支店、北洋銀行八軒支店
商工中金札幌支店、日本政策金融公庫札幌支店
主要取引先 北海道大学、札幌医科大学、旭川医科大学、
帯広畜産大学、酪農学園大学、北海道医療大学、
東京大学、大阪大学、慶應義塾大学、
産業技術総合研究所、 プリマハム株式会社基礎研究所、
理化学研究所、富士フイルム和光純薬株式会社、
フナコシ株式会社、コスモ・バイオ株式会社、その他企業

沿 革

1971(昭和46) 北海道虻田郡虻田町(現洞爺湖町)にて実験用動物の生産開始
1974(昭和49) 株式会社北海道実験動物センターの設立、札幌営業所開設
1975(昭和50) 受託飼育の開始
1981(昭和56) 実験動物の自社生産中止
日本クレア株式会社(東京)と販売提携により実験動物総合サービス開始
1982(昭和57) 免疫抗体の受託作製開始
1988(昭和63) 株式会社ホクドーに社名変更
1995(平成 7) モノクロ抗体の受託作製開始
1996(平成 8) 札幌に本社を移転
1997(平成 9) 動物を使用した評価試験の受託開始
飼育施設管理の受託開始
2000(平成12) 研究試薬品の製造開始
2002(平成14) 研究試薬品の海外輸出開始
2003(平成15) 組換えタンパク生産の業務開始
2004(平成16) サニテーション(滅菌消毒)の業務開始
2005(平成17) アッセイ構築業務の開始により一貫したバイオ総合受託システム完成
2007(平成19) 大阪府茨木市に事業所を開設(彩都バイオプラザ)
2012(平成24) 東大阪市へ事業所を移転(大阪営業所)
2016(平成28) 札幌本社と事業統合により大阪営業所閉鎖

動物福祉の取り組み

実験動物を扱う当社では、3R(Replacement、Reduction、Refinement)の動物実験理念を遵守すると共に、次の様な動物福祉への取り組みをしています。

  • 適正な実験
    実験動物の使用にあたって、「動物の愛護及び管理に関する法律」、「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準」等の法令に則り、動物実験委員会を設置し、「㈱ホクドー動物実験規程」に従い各種実験を適正に実施しています。

  • 動物慰霊式
    年に1回、当社発祥の地、洞爺ラボにて動物慰霊式を執り行い、動物への感謝の気持ちを新たにしています。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら

お電話は011-641-7507まで

アクセス

〒063-0849
札幌市西区八軒9条西10丁目4番28号
アクセスマップはこちら